一泊二日でも十分楽しめる!秋田のオススメグルメを堪能しよう

秋田駅
秋田県は東北地方で関東から遠いイメージがありますよね。ただ、秋田新幹線の開通以降は、割合身近にもなりつつあります。秋田と言えば、なまはげなど日本の伝統的な文化がまだまだ根づいている場所としても有名です。更に、グルメという面でも、きりたんぽを始めとして多くのローカルフードが存在しています。では、秋田県ではどんなローカルグルメが堪能できるのでしょうか?今回は、秋田県の魅力について紹介していきます。

以外に近い?7時間弱で到着する

プリンセスプリンセス秋田大町

東京方面から秋田まで車で向かおうと考えると、結構遠いイメージがありますよね。ただ、北陸自動車道を利用して向かえば、東京からは610キロメートル強のロケーションにあります。時間で言えば、7時間弱で到着する計算となります。

料金は10,000円を超えてしまいますが、新幹線で向かうよりも全然リーズナブルですね。夜中に出発すれば、ちょうど朝方に到着するイメージですね。到着したら、運転で疲れた体を癒やすためにプリンセスプリンセス秋田大町で休憩しましょう。

プリンセスプリンセス秋田大町は、かの有名なAtoZ グループのファッションホテルです。サービスタイム制度があり、5時から最大10時間利用で4,500円から利用することができます。非常にリーズナブルな印象があります。

ユニークなキャンペーンを行うことでも有名で、サマージャンボ宝くじキャンペーンなど、夢のある企画も満載です。信州牛のステーキやスイーツまで、フードメニューも充実しているので、グルメな方も大満足間違いありません!

プリンセスプリンセス秋田大町
所在地:秋田県秋田市大町6-1-18
TEL:018-883-0034

パンを食べてみたい!

秋田の食パン

秋田県と言えば、やはりきりたんぽを想像してしまいますが、実は面白いグルメも楽しめるのです。最も身近なものとしては、パンで有名です。パンと言っても、パン屋さんで販売しているパンというのではなく、調理パンがとても豊富なのです。

なぜパンが有名なのかというと、やはりお米の名産地という点があげられるでしょう。秋田と言えば、あきたこまちで有名ですよね。そんな秋田で有名なパンを紹介すると、バタートーストがあります。

バターと砂糖が塗られた食パンが、適度にしんなりと焼かれていて、とても美味しいメニューに仕上がっています。スイーツ的な印象もありますね。また、発展形としてアベックトーストと呼ばれるジャムが挟まれているパンも人気です。

他には、学生調理というパンがあります。パンにナポリタンやキャベツのサラダ、魚肉ソーセージが挟んであるパンです。ボリューミーでお腹いっぱいになること間違いなしですね!食欲旺盛な学生が好んで食べたことから、この名称になったと言われています。

身近なスーパーで多くのパンが販売されていますので、ぜひお昼に食べてみてほしいですね。

日本一深い田沢湖!

秋田 田沢湖

秋田駅周辺でお腹を満たしたら、盛岡の方へ車を進めると、田沢湖があります。田沢湖は、水深423.4mであり日本一深い湖として有名です。深い湖だけに、瑠璃色の深みのあるカラーリングが神秘的です。

田沢湖では、永遠の美貌を望んで龍に変身させられたと言われている、たっこの伝説が残っています。たっこ象は、どこか物悲しさを感じつつ、田沢湖の幻想なイメージを強調しています。他にも、御座石神社や姫観音像があり、散策するにはちょうどよいスポットとなっています。

一風変わったグルメを楽しもう!

秋田県は、車で訪問しても意外と近いですね。また、グルメに関しては菓子パンが有名というのも非常にユニークですね。普通のスーパーでも、関東では見られないレアなパンが揃っているので、ぜひご当地パンを堪能してほしいものです。

ぽいんとう

ホテルの魅力を余すところなく紹介していきます!


あなたが好きかもしれない他の記事