フジロックフェスティバルで盛り上がる!苗場にあるラブホテルはどこがおすすめ?

フジロックフェスティバルは苗場のラブホテルに宿泊

世界のバンドが集結するロックフェスティバルとして、フジロックフェスティバルが有名ですよね。1997年に山梨県富士天神山スキー場で初開催されて以降、1999年から新潟県苗場スキー場に舞台を移して年々規模を拡大させています。圧倒的に自然が広がるロケーションであり、都市型のロックフェスとはまた違った楽しみ方ができるのが魅力的です。

そんなフジロックフェスティバルでは、チケットの入手も困難ですが、それ以上にホテルの確保も重要です。

苗場地区ではホテルだけでなくラブホテルもあるのですが、どこがおすすめなのでしょうか?今回は、苗場地区でオススメのラブホテルを紹介します。

通常のホテルも多いけど・・・

苗場地区は、フジロックフェスティバルの会場としてももちろん有名ですが、それ以上に日本でも屈指のスキーのメッカとなっています。上越新幹線では、シーズン限定でガーラ湯沢駅発着の新幹線があります。また、上越新幹線では湯沢駅に停車するので、冬季期間は多くのスキーバックを持ったお客様で溢れかえります。

それもあって、そもそもリゾートホテルが苗場駅周辺で多くあります。苗場スキー場近くには苗場プリンスホテルがありますし、苗場駅周辺にもビジネスホテルが多く点在しています。それでも、フジロックフェスティバルの期間中は満室となってしまうのです!関東方面からは車でも来場できなくはないですが、それでもホテルにじっくり泊まってフェスを楽しみたい人が多いのです。

よって、宿泊先を求めてラブホテルも検討したくなるわけです。

ラブホテル自体も少ない!

では苗場周辺でラブホテルがあるかと言うと、殆どないのが実情です。これだけ大型のリゾートホテルが存在していると、あまりラブホテルを出店するメリットも無いと言わざるを得ません。また、苗場に住居を構える人は意外と少ないのも実情です。

苗場には多くの建物がありますが、殆どが別荘なのです。これは、バブル期に多くの富裕層が、避暑地として苗場に多くの別荘を購入したためです。今となっては、その殆どが空き家となっていて、閑散としてしまっているのです。

また、苗場にはホテルだけでなくロッジ的な宿泊施設があるのも、ラブホテルが少ない要因でしょう。これもあって、なんとフジロックフェスティバルではラブホテントと呼ばれるテントも存在しています。公認の宿泊施設ではないですし、あくまでもジョーク的な施設なのですが、それでもロックフェスの開放的な印象アップに貢献しています。

ちょっと遠いけど存在するラブホテル!ファッションホテル ミント

苗場駅周辺には、残念ながらラブホテルはありませんが、近いロケーションとして塩沢石打にラブホテルがあります。その中のファッションホテル ミントは、10室しか無いものの、石打インターからもほど近いロケーションにあるのが魅力的です。近くにはゲレンデが多いこともあり、多くのスキー客が利用する姿を見てとれます。

ファッションホテル ミントの最大の魅力は、価格の安さです。なんと、休憩だけで言えば平日は2時間2,980円均一で利用できます。更に、宿泊でも平日は14時間で5,980円、金曜休日の場合でも6,980円で宿泊が可能です。

落ち着いたロケーションというのも評価できますね。

ファッションホテル ミント
所在地:新潟県南魚沼市姥島新田1065-1
TEL:025-783-2586

もっとホテルがあってもいいのに!

苗場で開催されるフジロックフェスティバル

苗場には残念ながらラブホテルは無く、少し遠い塩沢石打まで出向かなければなりません。車で来場する場合は、ちょっと遠出してホテル探しすることになります!また、テントを持っていけば自然のロケーションで宿泊することもできるのが、フジロックフェスティバルの魅力となっていますが、キャンプが苦手という人のためにもう少しホテルがあると、フジロックに参加したいという人も増えるかもしれませんね。

ぽいんとう

ホテルの魅力を余すところなく紹介していきます!


あなたが好きかもしれない他の記事