海がないからこそいつもと違う楽しみを!長野のローカルフードを喰らい尽くす

Pocket

松本城

日本列島には、海がない県っていくつか存在しますよね。その中でも、長野県は県面積が広いのに海に面していない、珍しい県です。

海がないとどうしても面白みがない・・・と感じてしまうかもしれませんが、その分だけ山の幸が存分に存在しているのです!そんな長野県では、どんなローカルフードがあるのでしょうか?今回は、関東方面から長野県にプチ旅行して、美味しいものを食べる旅のプランを紹介します。

中央自動車道と長野自動車道で3時間弱で行ける!

HOTEL Hana

長野県にはいくつか観光名所がありますが、松本がより身近で観光しやすい場所にあります。松本市までは、東京方面からは東名自動車道→圏央道→中央自動車道→長野自動車道を経由して、概ね3時間弱で到着します。長野市まで行くともう少しかかりますので、深夜のドライブであればこの程度の距離がちょうどよいですね。流石に真夜中に到着しても観光する場所はないので、少しホテルで一休みしたいところです。

そこでオススメは、真夜中に出発して5時過ぎに到着し、ファッションホテルで一休みするプランです。通常、ファッションホテルの場合は5時からフリータイムがスタートするので、到着してすぐに休憩する事ができます。その中でも、HOTEL Hanaがおすすめです。女子会ができるほどのスタイリッシュなホテルですが、本格的なインテリアの導入でくつろげる事間違いありません!

また、珍しい黒カレーというメニューが有り、大人気となっています。朝からカレーは少しヘビーと思うかもしれませんが、その美味しさに舌鼓を打つこと間違いなしですよ。フリータイムではなく、休憩も4時間利用できるので、仮眠を取ってすぐに出発というのも悪くありません。

HOTEL Hana
所在地:長野県松本市大村73-3
TEL:0263-45-5535

山賊焼きで疲れもぶっ飛ぶ!

山賊焼き

少し仮眠をとり、お昼前に出発するとなると、松本市内でランチを食べたくなりますよね。松本市では、ローカルフードが存在しているので、グルメな人でも楽しめるのです。その松本のローカルフードとは、山賊焼きです。

一度は耳にしたことがあるかと思いますが、鶏肉をにんにくなどが入ったタレに浸し、片栗粉をまぶして揚げたものとなります。一見すると唐揚げ的なイメージがあるのですが、独特な美味しさがあり、ジャンクフード的な感じも堪りません!なぜ山賊焼きというかというと、諸説あるのですが、山賊は人から物を取り上げる→取り上げる→鶏揚げる→鶏を揚げるという連想ゲーム的な感じで山賊焼きと呼んでいるようです。

一時期は忘れられた存在だったのですが、地元の有志により見事に復活し、今では松本名物にまで上り詰めています!松本駅周辺でも、多くのお店で山賊焼きを提供するお店がありますので、お腹いっぱい食べてほしいですね。

松本城へ行こう!

お腹いっぱい山賊焼きを楽しんだら、今度は松本城を観光しましょう。松本城は、天守が国宝指定された5城農地の一つであり、全国的にも由緒正しいお城です。また、五重六階の天守の中で日本最古の国宝の城ともなっています。

外壁板に黒漆を塗ることで黒く光り輝いていることから、別名「烏城」とも呼ばれています。遠目で見ても、その存在感に圧倒される事間違いありません。天守閣まで登れば、北アルプスや美ヶ原高原の美しい山並みを見ることができます。お城だけでなく、景色が楽しめるというのも、松本城の魅力ですね。

日帰りでも十分楽しめる!

松本市内

いかがでしたでしょうか?長野県には、他にも多くの観光名所がありますが、関東方面からより近く、松本城が拝める松本方面への観光が特におすすめです。今回は深夜出発のプランを提案しましたが、十分日帰りでも観光することができるのも良いですね。

Pocket

ぽいんとう

ホテルの魅力を余すところなく紹介していきます!


あなたが好きかもしれない他の記事