お茶だけでない!静岡ではこんなグルメも楽しめる!

静岡のお茶畑
関東方面からも東海道線であっとう間に到着する静岡県ですが、イメージ的にはやはりお茶のイメージがありますよね。美味しいお茶は、日本人の心を表すかのような飲み物として、嫌いな人はいないのではないでしょうか?また、静岡県と言えばサッカーが盛んな土地としても有名です。そんな静岡県では、観光も楽しめるスポットが多いのが特徴です。そこで今回は、静岡県のおすすめ観光スポットとローカルフードを紹介します。

清水方面へ向かおう!

HOTEL CRESPA ALBA

東京から静岡県は、隣ですので非常に近いので車でも十分移動できます。まずは、清水方面へ向かうと、その後の観光にも何かと便利です。
東京から清水までは、東名高速道を使用することになります。

距離としては150キロメートル程度で、料金は4,000円弱です。夜中に出発しても、深夜には到着するイメージですね。深夜に到着しても、観光するスポットはありませんので、ファッションホテルで一休みしたいところです。

そんな時にオススメなホテルとして、HOTEL CRESPA ALBAがあります。HOTEL CRESPA ALBAは、清水インターチェンジから車で5分という好ロケーションにあるホテルです。部屋数は15部屋と少ないのですが、サービスタイムがどの時間でも時間制限で利用できるのが魅力的です。

9時間の利用で、6,350円から利用できますので、朝方付いたとしてもお昼まで休憩することができます。HOTEL CRESPA ALBAは、料理メニューが充実しているのも特徴です。シェフによる本格メニューが味わえるとあって、大好評を博しています。

ふわとろオムライスセットは、朝から食べても胃もたれせず美味しくいただけますよ。

HOTEL CRESPA ALBA
所在地:静岡県静岡市清水区庵原町141-2
TEL:054-364-0888

清水もつカレーでお腹を満たす!

静岡県と言えば、お茶だけでなく多くのグルメが存在しています。富士宮焼きそばやうどん、浜松餃子などが有名ですが、最近オススメなメニューが清水にあります。それが、清水もつカレーです。

清水もつカレーは、食感のいいもつをカレーとして煮込んだメニューです。元々は、金の字本店というお店で誕生したメニューで、なんと60年もの歴史があるメニューです。最初は通常のもつ焼きからスタートしたのですが、それからもつ煮込み、そしてカレーに発展してきました。

もちろん、今でも金の字本店は存在していますが、残念ながらランチ営業はしていません。どちらかと言うと、居酒屋で提供されることが多いのですが、唯一銀座酒場 こさむというお店がランチで営業しています。銀座酒場 こさむは、げんこつを9時間煮込んだスープで作ったカレーが名物となっています。

使用しているのも、萬幻豚というプレミア感ある豚ですので、プリプリでとても美味しいカレーを堪能できますよ。

銀座酒場 こさむ
所在地:静岡市清水区真砂町5-16
TEL:054-366-6505

日本平ロープウェイで富士山を眺める!

富士山ロープウェイ
静岡県と言えば、やはり富士山が見れるロケーションにあるというのが魅力的です。県内のいたるところから富士山を拝むことができるのですが、その中でも日本平ロープウェイからの眺めは格別なものがあります。

観光地百選、国の名勝地、県自然公園に指定されていることもあり、非常にきれいな場所として有名です。また、名勝日本平と久能山東照宮を5分でつなぐロープウェイからの眺めも、また違ったものがあり感慨深いですよ。

近くで遊べるスポット満載!

静岡県は、何と言っても関東方面から近いというのが魅力的ですね。また、ローカルグルメに関してもかなり個性的で、他では食べることができないものが揃っている印象です。更に、富士山を拝める日本平ロープウェイで絶景を堪能できるなんて、最高の旅が味わえるはずです!

ぽいんとう

ホテルの魅力を余すところなく紹介していきます!


あなたが好きかもしれない他の記事