やっぱり餃子がメイン?だけど栃木にはこんなグルメもある!

宇都宮

栃木県は、関東方面から非常に近い位置にある県ですよね。十分日帰りツワーを組めるロケーションにありますが、あまり訪問したことがない人が多いのではないでしょうか?栃木の中心地である宇都宮では餃子が有名ですが、他にもオススメのグルメが多くあります!また、観光地も豊富であり、意外な観光スポットとして人気なのです。そこで今回は、栃木方面へ一泊二日のツアーをする上で、オススメのプランを紹介します。

東北自動車道であっという間!ホテルヴィエンヌで一泊

ホテル ヴィエンヌ

栃木を観光する上で、やはり欠かせないのは宇都宮です。東京から宇都宮までのアクセスとして、東北自動車道を利用することになります。
距離的には130キロメートルであり、1時間40分程度で到着します。

早朝に出発しても十分間に合いますし、夜中に出発しても深夜中には宇都宮に着きます。とちらで向かうにしても、宇都宮に到着してから一休みしたいところです。そこでオススメなホテルとして、ホテルヴィエンヌがあります。

宇都宮上三川インターチェンジから10分のロケーションにあり、10時間の休憩で5,940円から利用できるのが魅力的で、しかもチェックイン時間の指定はありません!夜中に入っても、早朝に入っても利用できるというわけです。お部屋全体的にナチュラルなライトやインテリアとなっていて、疲れを癒やすことができますよ。また、プレミアムフライデーにはよりお得に利用できるなどのキャンペーンが充実しているのも嬉しいですね。

ホテル ヴィエンヌ
所在地:栃木県宇都宮市川田町749-1
TEL:028-637-3611

宇都宮焼きそばでお腹を満たす!

宇都宮といえば餃子が有名ですよね。宇都宮駅前には多くの餃子専門店が立ち並んでいますが、あえて餃子ではなく他のメニューを味わってみるのも悪くありません。そんな中でオススメなのが、宇都宮焼きそばです。

B級グルメブームが巻き起こった中で、一躍全国区になったわけですが、元々は宇都宮のソウルフードとして根付いた存在でした。特に有名なお店として石田屋やきそば店があります。今となってはありえないような外見が印象的な店舗内では、石田屋特製ミックスが特に人気メニューとなっています。

肉・ハム・野菜・たまごがトッピングされていて、これぞジャンクフード!という雰囲気が全開です。割合太めの麺を使用していて、しっかりとした歯ごたえを味わえます。薄めに味付けされていて、テーブルにあるソースと七味唐辛子でアレンジして食べるのが、石田屋の楽しみ方です。

持ち帰りも可能で、しっかり小分けにしたソースがついてきます。おやつにお持ち帰りしてみるのも良いでしょう!

石田屋
所在地:栃木県宇都宮市中央5丁目8-9
TEL:028-634-6945

避暑地としても使える?大谷資料館

大谷石

宇都宮焼きそばを食べてお腹を満たしたら、次は観光に向かいたいですね。割合、宇都宮周辺に観光地が密集していて、その中でも大谷資料館が高い人気を誇っています。大谷資料館では、大谷石採石場跡に関する資料が数多く見ることができます。単に資料を展示しているだけでなく、実際に採石場跡を見ながら、貴重な資料を見ることができるのが特徴です。幻想的にライトアップされていて、資料館というイメージを覆すようなものばかりとなっています!

また、ドラマなどのロケでも使用されたり、コンサートなどのイベント会場としても活用されているのも特徴です。

大谷資料館
所在地:栃木県宇都宮市大谷町909
TEL:028-652-1232

気軽に行けるのが良い!

今回は宇都宮を中心に紹介しましたが、佐野まで行けば佐野ラーメンも味わうことができます。距離的に非常に近いので、ディナーを楽しんでからでも十分帰宅することも可能です。身近だからこそあまり行かないかもしれませんが、是非とも一度は栃木を訪問してほしいものです。

ぽいんとう

ホテルの魅力を余すところなく紹介していきます!


あなたが好きかもしれない他の記事