海と山が混在!山形のイケてるローカルフードを味わおう

山形
山形県と言えば、周辺県から見ると交通の便があまり良くないイメージがあります。特に、近接の新潟県からは、隣りながらも電車で移動するとなると、ほぼ関東方面から移動するのと変わりない時間がかかります。そんな山形県ですが、米沢牛を始めとしてグルメが豊富にある県として有名です!今回は、山形県のイケてるローカルフードと観光を楽しめるプランを紹介します。

車で4時間強!深夜に出ても余裕!

ホテル スカイ山形

山形県は、東京から車で向かう場合は北陸自動車道で行くことになります。東京をスタートして、そのまま北陸自動車道に乗って、山形駅まで4時間40分程度で到着します。距離的に385キロメートルありますが、一本道なので道に迷う心配はありません!

深夜に東京から出発すれば、朝方には山形駅まで到着する見込みです。到着してからは、駅から最高のアクセスにあるスカイ山形で休憩をおすすめします。部屋数は13部屋と決して大きなホテルではないのですが、蔵王インターチェンジから車で5分のロケーションというのが良いですね。

フリータイムは6字からとなりますが、最大10時間利用で4,700円で利用できます!この料金は平日のみの料金となり、土日祝日は休憩3時間で同金額で利用できます。可能であれば、平日のフリータイムを狙って利用したいものですね。

こじんまりとはしていますが、駅チカなのでデリバリーメニューが充実しています。定番のピザから、お寿司のデリバリー頼むことができます。山形県は海の幸も充実していますので、朝からオイシイお寿司で舌鼓を打つのも悪くありませんね。

スカイ山形
所在地:山形県山形市和合町2-5-66
TEL:023-635-3344

山形のローカルフード 冷やしラーメを食べよう!

冷やしラーメン

山形県と言えば、米沢牛が有名ですよね。他にも、さくらんぼでも有名ですが、メジャーどころのグルメは関東方面でも楽しめます。
そこで、山形でしか味わえないオイシイローカルグルメを堪能したいものです。

山形には多くのローカルグルメがありますが、特におすすめしたいのは冷やしラーメンです。冷やしラーメンとは、見た目的にはラーメンそのもののビジュアルですが、スープがキンキンに冷えているのが特徴です。また、具材も通常のラーメンでは見られないきゅうりなどが使用されています。冷えていると言うことで、冷やし中華と混在してしまいがちですが、冷やしラーメンはあくまでも冷たいラーメンというイメージで、酸味の強い冷やし中華とは位置付けが異なります。

元々はお客様のニーズに応えてメニューに追加され、山形県では一般的なメニューになっています。特に、2000年代に入り関東方面でもアレンジされた冷やしラーメンが味わえるようになりましたが、やはり本場山形で食べたいですよね。特に、冷やしラーメンの生みの親である栄屋本店が人気です。

単純に冷えたスープというだけでなく、淡麗という言葉がピッタリのスープの配合が絶妙にオイシイです。トッピングのもやしもシャキシャキで非常に美味しく、一度食べたら癖になりますよ!ランチ時間に特に混雑しますので、早めに並んでオイシイ冷やしラーメンを楽しみましょう。

栄屋本店
所在地:山形県山形市本町2-3-21
TEL:023-623-0766

蔵王できれいな風景を眺める!

蔵王

山形駅周辺でランチを楽しんだら、次は近くの蔵王に向かってきれいな風景を楽しんでみませんか?蔵王にはフニテルと呼ばれる全天候型ロープウェーがあります。北欧のスキー場でも使用される方式で、悪天候でも安定した運行を行えるのが特徴です。

蔵王では、冬には吹雪に見舞われる事も多々ありますが、このロープウェーなら頂上まで快適に移動できます。頂上では、きれいな風景を味わうことができます!ロープウェーも良いですが、トレッキングも楽しむことができるのも魅力的です。更に、蔵王では日帰り温泉も多くあるので、トレッキングで軽く汗を流して温泉で疲れを癒やすと言うのも良いですね。

遠いようで意外と近い!

山形県は、関東方面から遠いようで意外と近いのが魅力的ですね。また、冷やしラーメンなどの隠れたローカルグルメも多く、他にもオイシイ料理が楽しめます。1泊2日で訪問するなら、ちょうどよいロケーションにあると言えますね。

ぽいんとう

ホテルの魅力を余すところなく紹介していきます!


あなたが好きかもしれない他の記事