一度は泊まりたい海外“五ツ星ホテル”!その基準とは?

hotel-1559199_1920

「五ツ星ホテル」と聞くと、どのようなホテルを思い浮かべますか?泊まったことのない方でも、かなり高級なホテルだということはわかると思います。

ちなみに一般的なホテルは「星3つ」だと言われており、「星4つ」だと高級ホテル、「星5つ」だと超高級ホテルだと言われます。では、星の数が多いホテルは何が優れているのでしょうか。

 

■五ツ星ホテルは他のホテルと何が違うの?

Photorealistic 3d rendering of the hotel room interior

Photorealistic 3d rendering of the hotel room interior

ホテルの星の数は、何を基準に判断されているのでしょう。実は、「設備の充実度」なんです。

もちろんいろいろなサービスを踏まえて判断されるのですが、どれほど設備が充実しているかで評価が高くなるという傾向があります。つまり、サービスの良さで星の数が変わるわけではないのですね。

たとえば、お部屋にマッサージを呼べたり、建物のデザインが可愛かったり、ホテルマンの気遣いなどによる居心地の良さといったサービスは、あまり評価基準になりません。それよりも、お部屋に備え付けられた設備や、ホテルの施設内にあるプールやブティックやスパなど、いろいろなものが取りそろえられているホテルほど星の数が多くなります。

しかし、もしあなたが設備の充実よりも「“お城風”“日本庭園風”みたいな、コンセプト重視のホテルに泊まりたいな」と思った時には、星の数は当てにせず、お好みのホテルを選ぶと良いでしょう。

 

■「星の基準」は国によって違う

AdobeStock_118421676

ガッカリさせてしまうかもしれないのですが……実は、ホテルの星のランク基準は国によって違うのです。

そもそもホテルのランク付けは全世界で統一されているわけではありません。わたしたちは「〜ツ星」とよく言いますが、アメリカなら「ダイヤモンド」数、イギリスは「クラウン」数、フランスは「Hマーク」の星の数と、国ごとに指標が違うのです。また、それぞれ判断する機関も違い、ヨーロッパのミシュランガイドや各国政府観光局、アメリカの全米自動車協会(AAA)などそれぞれが判定しています。さらに、その国の文化や価値観などにより判断基準も異なるのが現状です。

そのため、イギリスでは4クラウンのホテルが、アメリカでは5ダイアモンドということもあり得るのです。

 

■日本ならどこ?「五ツ星クラス」ホテルの代表例

 

日本で「五ツ星クラス」のホテルといえばどこでしょう?

日本のホテル業界で『御三家』といえば、「帝国ホテル東京」「ホテルオークラ東京」「ホテルニューオータニ」と言われていますが、実は、日本には星を判定する代表的な機関はありません。各新聞社や観光協会がそれぞれ『日本の高級ホテル100選』などと選定しています。

それらランキングの上位は、海外の超高級ホテルにも匹敵するでしょうが、もしあなたが「確実に海外の五ツ星クラスのホテルに泊まりたい」と思った時には、ミシュランガイドを参考にしてもいいでしょう。

フランスのミシュラン社によると、東京の「グランドハイアット」「コンラッド」「ザ・リッツ・カールトン」「ザ・ペニンシュラ」「フォーシーズンズホテル椿山荘」などは評価で五ツ星ホテルと認定されました。また、「マンダリン」はなんとミシュランの評価で星六つを獲得しています。

これら五ツ星に認定されているホテルはどこも一泊8万円前後……高級です。でも、一度くらいは泊まってみたいですね!

 

 

「星」は設備で評価される傾向があるとはいえ、当然、いわゆる「五ツ星」ホテルでは洗練されたスタッフが出迎えてくれます。そこで過ごすひと時は日常を忘れ、美しい景色の中で快適な時間に身をまかせてみることをおすすめします。

momoko

フリーライターです。チョコレートが好きです。


あなたが好きかもしれない他の記事