白馬岩岳スノーフィールドで雪山女子旅を楽しもう

岩岳スノーフィールド
春は桜、夏は海、秋は紅葉、そして冬は?そうですね、雪山ですね。今回は1998年の長野オリンピックの舞台になった白馬村にある岩岳スノーフィールドで雪山女子旅を満喫してきたので、その様子をお伝えします。

白馬村はスキー場がたくさん

Hakuba47白馬村にはには5つのスキー場があります。理由は何といっても雪の量が多いこと。シベリアからの冷たい風が日本海側から北アルプスにぶつかることによって大量の雪雲が発生し、天然雪がガンガン降るのでスノーリゾートに多彩なフィールドを形成してくれるんですね。さのさか、白馬五竜、Hakuba47、八方、そして今回紹介する岩岳スノーフィールドと、難易度やコースの種類の豊富さは日本一と言っても過言ではないでしょう。

岩岳スノーフィールドの特徴

ゴンドラリフトノア白馬には5つのスキー場があるのですが、岩岳には素敵にな特徴があります。

初心者から上級者まで楽しめるコースの豊富さ

岩岳スノーフィールド看板とにかく山がでかい!なのでコースがたくさん作れるんですね。コースがたくさんあるということは、難易度に合わせてコースを自分で選ぶことができるんです。はじめたばかりの初心者から、エキスパートまで豊富なフィールドをがっつり楽しみましょう。

学生が多い

全国学生岩岳スキー大会「岩岳学生スキー大会」が毎年実施されていて、毎年沢山の学生が訪れます。学生スキーと言えば岩岳とそんなポジショニングです。関東出身のスキー部の人なら、必ず訪れたことがある、というくらい学生の間では有名です。そのため、競技や検定で利用できるトレーニング向けのコースが多く備えられています。

リフトの効率がいい

ゴンドラリフト入り口にあるゴンドラスキーを中心にたくさんのリフトがあります。そして、コースはリフトに沿って真っすぐではなく、山を迂回して作られているので、一回のリフトで登る時間に対して、長い滑走時間を稼ぐことが出来るのです。

岩岳スノーフィールドへのアクセス

白馬は都内から5時間くらいかかります。中央高速から長野道を乗り継いで高速で途中まではすいすい行けるのですが、安曇野ICからは下道で走る必要があるので、距離の割に時間がかかるのです。シーズンは雪道になるのでヘロヘロ運転しないといけませんからね。

高速バス

八方のバスステーション新宿のバスターミナルから、高速バスで8000円代で終点の八方のバスターミナルまで行きます。そこから、ゲレンデバスでアクセスが出来ます。高速バスは、途中で停留所に寄るので5時間くらいかかります。道中に2回休憩があって高速道路のパーキングエリアに泊まるのですが、10分のトイレ休憩なので、せっかくのパーキングエリアグルメが出来ないのが残念です。

電車

JR大糸線 信濃森上駅JR大糸線 信濃森上駅でまで行ってタクシーで5分くらいです。ただし11月から3月まで白馬のタクシーは全日割増料金となっているので、不愉快度指数UPです。時間は電車が最速で3時間半くらいで着きます。値段もバスと同じくらい。ただし、乗換が3回あるので、スキーやスノボを持っていく人はバスのほうがいいかもしれませんね。

レンタカー

NIPPON RENTACAR一番楽なのはレンタカーです。スタッドレス付きのレンタカーを借りて高速でビューンと行きます。途中停留所に止まらないし、パーキングご飯も楽しめるので最高です。人数にもよりますが、若干割高になります。荷物の多い人にはオススメです。

岩岳スノーフィールド近くの宿

岩岳ゲレンデ近くの宿岩岳スノーフィールドの目の前には沢山の民宿やペンションがあります。これは大変便利です。近くに泊まると2分くらいでゴンドラリフトにアクセスできるのでVIP気分になれます。値段は素泊まり5000円~食事付き10000円くらいです。ゲレンデから少し離れたところにも宿がありますが、近くの宿をとったほうがいいですね。

岩岳スノーフィールド近くのレストラン

まずゲレンデ内と周りにレストランがあります。ただし、ゲレンデが閉まるとクローズするので、夜は宿でご飯食べる人がほとんどですね。

のんべえの強い味方、くいくい

くいくい私のようなのんべえに救いの手を差し伸べてくれるのが居酒屋「くいくい」です。ゲレンデから歩いて行けて、値段も500円前後とまさに安居酒屋。味もばっちりでリゾートで安居酒屋楽しめるなんて素敵すぎます。カラオケルームも用意されているので団体でカラオケを楽しむことも出来ます。

ちょっとオシャレにHakuba Brewing Company

Hakuba Brewing Company白馬発祥の地ビールHakuba Brewing Companyのレストランがあります。お客は外人だらけでビールは1000円くらい、ご飯も微妙なんで2軒目にしましょう。

隠れ家IWATAKE BASE

IWATAKE BASE駐車場の隅っこにあるIWATAKE BASEは夜はクラブバーとして営業しています。ダーツやKARAOKEもあり、DJパーティーなども企画され盛り上がっています。ランチタイムはかすうどんを中心にからあげ丼や豚キムチ丼など900円程度で提供されおり、ドリンクもワンコインとかなりお得です。他のゲレンデレストランはランチタイム混雑しますが、IWATAKE BASEは隠れ家なので知る人ぞ知る感じで空いています。

本格的なレストラン メイト

メイトゲレンデ内のレストランは観光地価格で1200円くらいが平均です。1200円出すならしっかりした食事をとりたい。そんな方にはメイトが絶対おすすめ。私の調べでは周りのレストランの中で最も本格的です。ただ、本格的なのでピークタイムはかなり並ぶことに。連休なんかは予約でいっぱいで飛び込みで入れないということも頻繁になるので、事前予約がおススメです。

岩岳スノーフィールド近くの温泉

スキーと温泉はもはやセットメニューですよね。ゲレンデで力いっぱい滑った後は温泉で癒されます。

ゲレンデの目の前にある岩岳の湯

岩岳の湯ゲレンデの目の前にサウナ付きの温泉があります。その名は岩岳の湯。大人は600円で入れます。シャンプーやボディーソープはあるのですが、タオル有料なので注意しましょう。16時にゲレンデが閉まるので17時前後が大変混雑します。ちょっとずらせば空いているので快適に利用できます。

帰り道に倉下の湯

倉下の湯ゲレンデの帰り道にある倉下の湯。車で来た場合はちょっと寄ってみるのがよいかと。露店の天然温泉と洗い場しかないですが、温泉は硫黄のにおいガンガンで本物感溢れます。2階に休憩室がありますが、寒いのであまりゆっくりできない。ゆっくりしたいときは岩岳の湯のサウナを楽しみましょう。

私のオススメ岩岳スノーフィールド攻略法

学生時代は夜出発して、そのまま寝ないで滑って日帰りみたいなことをしていましたが、白馬は移動に時間もかかるし何よりコースが広いので1日中滑っても飽きないです。なので私は3泊4日で贅沢に楽しんでいます。3連休を狙って、金曜日の仕事後、夜19時くらいに出発して、日付が変わるくらいにゲレンデ近くの宿に泊まります。少し飲んで寝てもゲレンデ目の前なので朝ゆっくりできます。そして、土曜日、日曜日と滑って、月曜日の昼前に出発して夕方に都内着。そして一杯飲んで楽しい3連休だったー。とこんな感じ。バスで素泊まり+リフト券だと3万円ちょっとくらい。かなりリーズナブルだと思いますよ。是非皆さんも私のプランを参考にして岩岳スノーフィールドを楽しんじゃってくださいね。

井上 裕子

座右の銘は「適当」。 17時を過ぎるとオフィスから消える。


あなたが好きかもしれない他の記事