• PR

日本橋で隠れ家デート!? ビジネス街での素敵な夜の過ごし方とは……

Pocket

図8

都心でデートしようとすると、お洒落なレストランやショッピングモールはいいんだけれど、なかなか二人きりになれる場所がない。

しかもカレが残業だと、終電まで2時間くらいしか会えないこともある。次の日も朝早いのに会ってくれるのは嬉しいけど、できればカレのことも休ませてあげたいなあ……なんて思う。

 

な、に、よ、り!!!

個人的には、せっかく都心でデートをしても、楽しくてほろ酔いでいい気分の最後に、酔っ払いサラリーマンたちで充満した満員電車で帰宅……なんて……だるい。

 

「最近気軽にデートできなくってさー」なんて言っていたら、女友達が「良い場所があるよ」と教えてくれた。でも、よくよく聞くと……ホテル、らしい。せっかくのデートにわざわざホテルに行くってなんかいかにもって感じ……とあまり気分が乗らなかったけど、「大丈夫!べつに室内にいなくたっていいんだし。場所もいいし、お洒落だし、ちなみに私この前一人で泊まったよ」とのこと。

 

一人で!?

そんなに気に入ったのかな……。

ほかにも、終電を逃した人や、地方から来た人などが宿泊することもあるらしい。

 

HPを見てみると……

図1

 

おお!雰囲気は良さそう!“ヨーロッパの街角をイメージ”してるって書いてある。

いやでも、写真なんて加工できるし、実際はどうだかわからないし……なあ。

 

というわけで、さっそく取材させてもらうことにしました!!

 

編集さん(男性)との待ち合わせのため、地下鉄半蔵門線の水天宮前駅5番出口。

図2

そこは大きな交差点で、大きくて新しそうな神社がある。駅を出てすぐの場所にある神社ってことは……これが駅名にもなっている“水天宮”らしい。

図3

交差点をはさんで神社の向かいには、右の角に「人形焼」、左の角に「どら焼き」の文字が。どちらも日本橋の名物で、「重盛の人形焼」は多いと1日に1万個も売れるほど人気らしい!(あとで行ってみよう)

図4

えーっと、今、駅の交差点にいて、目指すのはココ(指のところ)。けっこう近い。5分もかかりそうにない。

 

水天宮の前を通って(なぜかやたら綺麗)、大きな道を進む。右に曲がる道を覗くと……

図6

あった! 電柱にホテルコレストの案内!

図7

矢印に従って進み、立派な石造りの建物(日本橋区民センター)を過ぎると……

図8

……ココ!?

 

「ほんとに!?」と小さく叫んじゃった。だって隠れ家カフェみたいで……ここって泊まるところなの……?

図9

一歩なかに入ると、外国のプチホテルみたい。2015年にできたばかりだからか、すごく清潔感がある。

図10

フロントにはお姉さんがいるけれど、最新式のタッチパネルでもお部屋が見られる。

図11

「女性の方に……」と、お姉さんがアメニティを手渡してくれる。お洒落なホテルのレセプションみたいに、正装のお姉さんが微笑みかけてくれた。

 

せっかくなので、お姉さんに気になっていた疑問をぶつけてみる。

「あの、ほんとに女性一人で泊まる人もいるんですか?」

「ええ、いらっしゃいますよ。男性も合わせると、一人で泊まられる方は全体の2割くらいですね」

 

実はここ、地方から出張してくる方が電話で事前予約して宿泊することも多いみたい。たしかに、都心で仕事をするなら便利だし、新宿とかに泊まるよりは静かでいいかも…。

 

図13

さて、エレベーターで6階まであがると

図14

扉が2つ。他の人と鉢合わせする可能性が低いから、気まずくなくていいかも。

図15

「おじゃましま〜す」

図16

「おおっ」……と思わず声が出ちゃった。きれーい!

お部屋は清潔感があって、落ち着いた雰囲気。壁の絵や照明も高級感があって、どこかのリゾートみたい。

 

ほかの部屋は……

図17

おお!お風呂!清潔感ある!

しかも、ビジネスホテルだったらそっけないリンスインシャンプーとボディーソープのボトルが並んでいるのだけなのに、オーガニックのシャンプーとコンディショナーとボディーソープが無香料のものと合わせて2種類。入浴剤やボディタオルもついてる! スポンジじゃなくてタオルっていうのが、嬉しいなあ。

図18

洗面台も綺麗。

図19

備品も充実していて、ドライヤー、ヘアアイロン、化粧水、乳液など揃ってる。実はこの備え付けの化粧水、男性用らしい!女性用はというと……

図20

フロントでもらったアメニティのなかに!

歯ブラシや化粧水一式のほか、足指パッドや、ナプキンまでここに入ってる。

図21

さらに、ボディシートとフェイスパックまで! こんなサービス、リゾートホテルでもなかなかないね。

図22

トイレも綺麗。ウォシュレットも完備!

図23

テレビコーナーも充実。音楽PVやYouTubeも見られる。

図24

備品もいろいろある。電気ポットだけじゃなく、珈琲メーカーがあるのも嬉しい!

図25

しかも冷蔵庫にはサービスのお水が2本。

図26

ルームサービスも充実しているし、お値段もリーズナブル。もちろんお酒もある。

こんなの見ちゃうと……欲しくなっちゃうよね?

 

ってことで……

図27

頼んじゃいました。

図28

ふふふふふふふふふふふふ。ベッドでシャンパ~ン!

 

お酒を手に、好きな映像を流して、ふわふわの大きなベッドで……あーもーこのまま眠そう……。眠れたら幸せ……だけど、おなかすいた。

外出自由というので、お散歩がてら、ほろ酔いでご飯を食べにでかけることに。

図29

ホテルからすぐの大通りに出ると、左奥にはロイヤルパークホテルが見える。あそこの前からは羽田行の空港バスも出ていて、県外出張のためにホテルコレストを利用するサラリーマンの方もいるらしい。

図5

さっき気になっていた、水天宮まで戻った。

せっかくなので、登ってみることに。

図31

ビルの上にこんなお社が!?

2015年に改築されたので、まだ真新しい。安産・子授けの神社として江戸時代からあるみたい。子授けかあ……。これから彼氏と一泊するのに子授け祈願。緊張するというか、狙い撃ちというか、彼氏に「子授けだってー♡」と声をかけて様子を見てもよしというか。

 

 

水天宮の道路をはさんで向かいにある、重盛の人形焼へも寄ってみる。

図32

図33

人形焼も美味しそう!

 

日本らしい昭和の香りを感じながら、ひととおり周辺を歩き、目的のお店に向かう。

図34

ついたのは、『薩摩焼肉 黒桜』。焼肉なのにアンチエイジングを追求した焼肉店。ちなみにランチには、野菜もお肉もデザートもたっぷりの女性限定“ご褒美ランチ”もあるらしい。

図35

編集さんと、かんぱーい!

図36

綺麗なお肉に大満足!!

図37

デザートも可愛い! 熊さんです!

 

ほろよい気分でホテルへ戻る。

美味しいお肉を食べてお酒を飲んで、満員電車に乗らなくていいなんて最高!

図38

調子に乗って、ホテルの部屋に戻って、もう一度。

図39

カンパーイ!!!!

 

いい感じに酔っぱらってきたので、もう部屋着に着替えちゃうことに(←酔っぱらってる)

図40

じゃじゃーん! な、な、な、なんと、ズボンスタイル!

ふつうホテルって、ビジネスホテルでもどこでも、健康診断でレントゲン撮る時みたいな入院着を着るイメージ。でもここは、上下わかれたズボンの、まさにパジャマ。ホテルのロゴが入ってるのも可愛い。

 

しかもこれ、タオル地なんですよ。肌を包み込むような柔らかさ。……家より快適かもしれない。

図41

調子に乗って、編集さんとツーショット(←やっぱり酔っぱらってる)。漂う不倫感(笑)

 

ここでお泊りすると、もれなく無料でモーニングがつくらしい。

せっかくなので、いただくことに。

図42

けっこうな充実ぶり。これで無料だなんて……すごい。

 

チェックインしてから翌朝のチェックアウトまで、綺麗なお部屋でのんびりでき、お酒を片手にベッドに横になって最新の映画も見られちゃう。しかも電車での移動がないから、仕事ギリギリまで眠れるし、起きたら朝食も届く……なにこれ超快適だわ。

 

いつもよりたくさんカレと一緒にいられて、いつもより長く眠れて、料理も皿洗いもお風呂掃除しなくてよくて……かなりのんびりできることは間違いナシ。

 

旅行の時くらいしかホテルに泊まることってないから、こんなビジネス街の裏に隠れ家的な場所があるなんて知らなかった。ゆったり二人の時間を堪能できる都心デート。たまのご褒美に、時間も空間も贅沢な、特別な時間を過ごせるデートができそう!

 

高木商会banner2

Pocket

momoko

フリーライターです。チョコレートが好きです。


STAY LOOSE おすすめホテル

HOTEL COREST(ホテル コレスト)

中央区

都会の真ん中に2015年3月3日に「HOTEL COREST」が堂々オープン!全室にWi-Fi・VOD・大画面TV・携帯充電器などなど、あると嬉しいアイテムが満載!全18室中の6室が禁煙ルームとなっているのでタバコの臭いが気になる方も快適にお過ごしいただけます。

住所: 東京都中央区日本橋蛎殻町1-26-8

あなたが好きかもしれない他の記事