Tagged: 宮城

宮城県は東北地方の中心ともいえる県で、全域の前身が仙台藩だったこともあって、歴史好きな人にはぜひとも訪れたい土地でしょう。仙台藩は伊達家が納めたために、戦国武将・伊達正宗のイメージが強いことから伊達藩といった呼び名の方がよく知られているようです。仙台藩が明治の廃藩時に仙台県となり、そして現在の宮城県となりました。大島、秋保温泉、愛宕神社などの観光スポット、どんと祭、鬼小十郎まつり、節分祭などの観光イベント、マコロン、冷やし中華、はらこ飯などのご当地グルメや、仙台市街地からのアクセスがよく、「奥州三名湯」にも数えられている「秋保温泉」や、境内の展望デッキから仙台の夜景が一望できる「愛宕神社」、多彩な泉質の湯が魅力的な「鳴子温泉」や通称「猫島」と呼ばれる野良猫の楽園「田代島」など、数多くの観光名所が存在します。代表的な米どころとしても知られ、ササニシキやひとめぼれといったブランドを産み出しています。コシヒカリを基にして宮城の気候風土に合わせて生まれたひとめぼれは、つやがありつつさっぱりとした味わいの米で、国内生産量も必ず上位を獲得している人気のお米です。新米など、旅と一緒にお米も楽しんでみてはどうでしょうか。