隠れた名曲!パズルのエピソード地巡り!!

関ジャニ∞のパズル

コミックソングが多いイメージが強い関ジャニ∞ですが、実は名曲揃いのグループの1つなんです。その中でもファンからの人気も高い楽曲、『パズル』。大阪に実在している場所がいくつも歌詞に出てくるのも印象的なこの曲。今回はその土地をエピソードとともに紹介していきます。

そもそもどんな曲?

まずは、『パズル』の予備知識からご紹介します。
この楽曲は、2009年に発売された関ジャニ∞にとって4枚目のアルバム『PUZZLE』に収録されている一曲です。楽曲提供してくれたのは、何とあの斉藤和義さん!元々、斉藤和義さんのファンだったメンバーの錦戸亮さんが依頼したんだとか。

では、なぜ名曲と言われているのでしょうか?歌詞としては、東京に出てきた若者が大阪時代を懐かしむという内容なのですが、まだ大阪にいた頃の関ジャニ∞のエピソードが歌詞に書かれているのです。ジャニーズの中でも絆が強いと言われる関ジャニ∞。ですが、『パズル』に書かれているエピソードがなければ、今ほどの団結力はなかったのではないでしょうか?

また、この楽曲のPVでは実際にその場所に行ってロケが行われました。関ジャニ∞やファンにとってこの楽曲は初心を思い出させてくれる1曲なのです。

ケンカした堀江公園

堀江公園
では、その関ジャニ∞にもファンにも大切なその土地を紹介していきます。まずは何と言ってもここ、堀江公園!堀江公園は難波にある公園なのですが、関ジャニ∞がデビュー後に初めてメンバー全員で喧嘩をした場所なのです。

Jr.時代の先輩・後輩という垣根を越えて、真正面からメンバー1人1人がぶつかっていった場所。ある意味、関ジャニ∞の始まりの場所と言ってもいいのではないでしょうか?

また堀江公園はそんなに大きくない公園ですが、桜がとても綺麗なことでも有名なのです。ですので、近くに住んでいる方は春が来たら、お花見に行くのも楽しいかもしれませんね。近くにはアメリカ村もあるので観光でも訪れやすいと思います。

ファン必見の仲直りカフェ

では、堀江公園で大喧嘩をした関ジャニ∞はその後どうなったのでしょうか?堀江公園の向かいにあるカフェ『muse(ミュゼ)』で仲直りをしたのです。そのエピソードからファンからは、通称・仲直りカフェと呼ばれています。

しかし、『パズル』の歌詞中にはこの事についての記述は特にはありません。ですが、『PUZZLE』の初回限定盤の特典DVDでは実際にメンバーが『muse』で当時のことを話しているのです。

ちなみに、この特典映像を撮影された場所が『muse』の3Fですが、通常は立ち入り禁止となっています。しかし、混雑状況などスタッフの許可が出れば、3Fに上がることも可能なんだとか!今では、関ジャニ∞ファンの聖地と呼ばれています。ここ、『muse』を訪れたら、ダメ元で1度聞いてみるといいかもしれません!

待ち合わせの東通り

『パズル』の歌詞の中に「東通りで3時頃」という歌詞があります。大阪にあまり詳しくない人にはピンと来ないこの場所なのですが、実は大阪市北区にある商店街なんですね。

正式名称は『阪急東通商店街』と言うそうです。関ジャニ∞はデビューした当初は大阪で活動して、人気もそこまではメジャーではありませんでした。

その頃、遊ぶ時はこの商店街でメンバーと待ち合わせしたのです。ちなみに、PVではメンバーがこの商店街を歩いている様子が収録されています。その様子はとても仲睦まじく、堀江公園で喧嘩した過去が嘘のようです。

また、歌詞の中では電車に乗って淀川を超えて太陽の塔へ行った過去が記述されています。この電車は阪堺電車と呼ばれるおり、昔ながらの電車です。そして、太陽の塔は万博記念公園にある岡本太郎さんが作った大阪万博のシンボルです。この万博記念公園のエピソードについては、明らかになっていません。ですが、『パズル』制作時に実際にメンバーが関ジャニ∞の過去エピソードを斉藤和義さんに話したそうなのできっと思い出深い場所なのではないでしょうか。

ホテルを予約して関ジャニ∞の思い出が詰まった大阪へ

思い出

調べてみると、関ジャニ∞の初期の思い出が詰まった『パズル』。最近になって関ジャニ∞ファンになった人にも聴いてもらいたい1曲です。
そしてコンサートによる遠征や旅行で大阪を訪れた際は、是非行ってみて欲しい所ばかりです。そして、もちろんホテル予約は忘れずに。
大阪はビジネスや観光で人気スポットなので、ホテル予約は難しいそうです。予約がうまくいかなかった時は、近くのラブホテルを探すのも賢い遠征のテクニックです。

綾

皆さんの役に立つ記事を書けるように頑張ります!


あなたが好きかもしれない他の記事