滞在時間12時間の格安ライブ遠征

Pocket

費用を抑えて格安ライブ遠征

好きなアーティストのライブツアー、みなさんはどれくらいの数参加したくなりますか?地元だけ、仕事の休みが取れる日、行きたいと思ったもの全部!様々だと思います。

今回は関東在住の私が名古屋にプチ弾丸旅行した時のお話をしたいと思います。

旅費を節約してナゴヤドームへ「東方神起」ライブ遠征

日程カツカツ、お金もカツカツ、そんな私は自宅から行ける会場でのライブ参戦がメイン。しかしファン心理と言いますか、二度とないその日その場所での公演にすごく憧れを感じついに「ライブ遠征」をすることに決めました。

その時のライブは「東方神起」。今の若い人にはあまり馴染みがないかもしれませんね。

東方神起のライブ

場所は愛知県名古屋市にあるナゴヤドーム。野球好きな方にとっては有名ですね。
会場にはライブ限定グッズもあるし、友達にお土産も買いたいから旅費は思いっきり節約して楽しんじゃいます!

名古屋に行くには新幹線が早くて便利!なかでも「ぷらっとこだま」なら通常よりもかなり安く乗れます。ライブチケットを取って日程が決まったら早めに新幹線の座席も確保するのがおすすめ!だたしぷらっとこだまは「のぞみ」や「ひかり」に比べて時間がかかったり前日までの予約が必要なことなどある程度縛りがあるのでその点は注意が必要です。

格安旅行のためならこれくらい序の口ですけどね!

ちなみに帰りも節約に節約を重ねて夜行バスを手配。
5000円前後で座って帰れるのは嬉しいところ。
荷物は最低限、チケットはしっかり握りしめていざ出発です!

価格を抑えるライブ遠征なら「こだま」

当日は品川駅から新幹線に乗車。ライブは夕方からですが余裕をもって朝8時台の新幹線で名古屋を目指します。朝の時点ですでにワクワクドキドキ!
新幹線に乗り込むと同じ目的であろう人がちらほら。ライブグッズを備え付けのテーブルに並べて準備する人、応援カラーに身を包む人…。妙な一体感にテンションが上がります。
私も乗車前にバタバタして乱れたバッグの中を整えたり名古屋駅に着いてからのことを考えたりしているうちに到着。
「こだまは安いが時間がかかる」というとネガティブなイメージですが、私としてみればゆっくり座ってあれこれできるのが嬉しい!価格を抑えて新幹線で移動したいという人にはうってつけです。

名古屋駅でライブ遠征のお土産探し

ライブ遠征の名古屋駅でお土産

名古屋駅に着いてからまずはお土産探し!友人や親に渡すもの、それから自分にも♪交通費を節約した分をまずはここで思い切り使っちゃいます!
名古屋駅は改札を出てからがなかなか広くて非地元民にはややこしいですが直線で繋がった太閤通口側の「銀の時計」と桜通口の「金の時計」さえ覚えておけばとりあえず大丈夫。わかりやすいオブジェも建ってますよ。
ちなみに新幹線の出入り口は銀の時計側です。
このふたつの時計に挟まれたコンコース内にお土産屋さんや食事、コンビニまでそろっているので私は駅周辺からはほとんど動かずに過ごしました。
お土産探しが済んだところでライブまでまだまだ時間はありますがナゴヤドームの最寄り駅へ。
地下鉄を乗り継いでナゴヤドーム前矢田駅を目指します。乗り慣れない地下鉄でよく迷子になるので移動時間には余裕を持たせています。

ナゴヤドームまでは最寄り駅から屋根のある通路を使って行けるので雨の日でも安心です。
近くにはイオンもあり買い忘れや軽食なども調達できます。

ライブ前のグッズ販売でも我慢せず限定品をゲットし、ライブも漫喫。隣の席の人も他県からきたということで意気投合!ライブ以外の楽しみや嬉しさなんかが見つけられるのが遠征の素敵なところだなあと感じます。

ライブ遠征の帰りは夜行バス

ライブ遠征は夜行バスで

帰りはあらかじめ取っていた夜行バスに乗るために再び名古屋駅へ。帰りの電車は非常に混雑するのでこちらも時間に余裕をもっての行動が大事。名古屋駅からナゴヤドームまでは30分前後くらいですが倍くらいの時間を見ておくと慣れない土地でも安心です。

名古屋駅に着いたらあとはバスの時間を待つのみ!その間に夕食や荷物の整理、お手洗いなどを済ませぼーっと過ごします。時間が時間なのでコンコース内のお店はほとんど閉まっていますが駅を出れば名古屋はまだまだキラキラしていました。

目的のバスが到着する頃に集合場所に向かい簡単な手続きを済ませて乗車。ライブで大はしゃぎしすぎてどっと疲れが来ますがそれも心地よくて幸せを感じます。

明け方バスを降りてから一緒に乗車していた見知らぬ人と駅まで歩いたりと、弾丸で遠出したからこその面白い出来事がたくさんありました。

行くまでは緊張するけど終わった後振り返ると楽しいことばかりな遠征ライブ。機会があればガンガン行きたいですね!ちなみに帰宅後は泥のように眠りました…。

次回はゆっくりナゴヤドーム近くのホテルに一泊

今回は弾丸の「遠征ライブ」を紹介しましたが、本当は時間とお金があれば、余裕を持った日程したいところですね。次回はナゴヤドーム近くのホテルを予約して、居酒屋で一杯飲んで、ゆっくり休んで帰るというリッチな遠征も体験してみたいと思います。

Pocket

bambi12

ライブと電車に興味あり。調べ物が好きです。


あなたが好きかもしれない他の記事