男と女が考える、プチ旅行の違いとは?

a0001_015368_m

たまのお休みに、彼氏とプチ旅行して癒されたい〜!なんてこと、ありますよね。

でもこの“プチ旅行”、実はケンカの原因にもなる落とし穴があるんです!?男女それぞれで違う旅行観とは?低予算、短距離、短期間(日帰り〜1泊)の週末旅行について、男女感の違いを見ていきましょう。

 

■男女の違い(プチ旅行についての考え方編)

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-MIYAKO85_maihamabeach20140726

そもそも、男性と女性では、旅行に対する考え方がまったく違います。一言で言うと、旅行に求めるものは、男性は「自分磨き」、女性は「癒し」なのです。

2015年の楽天トラベルが若い世代(18~24歳)に行ったアンケート(※1)では、女性は「”癒し”のため・のんびりするため」(271票)という回答が最も多く、2位が「観光地巡り」、3位が「美味しい料理を食べるため」、4位が「同行者と時間を過ごすため」となりました。また、「恋人・夫婦」との旅行を望む輪割合が35%を越えました。

一方、男性の旅行目的は、1位が「観光地巡り」(243票)、2位が「”癒し”のため・のんびりするため」、3位が「美味しい料理を食べるため」と続きます。さらに、4位は「文化・歴史に触れるため」で、女性では11位だった「勉強のため・知見を広げるため」が7位にランクインしました。ちなみに、同行者との時間を重視する女性とは異なり、男性には一人旅が好まれるようです。

男性は旅先の活動や経験を重視し「旅行では観光地をしっかり楽しみたい、または観光地を制覇したい」という目的意欲が反映されています。反面、女性は同行者と一緒に過ごす時間やコミュニケーションそのものを重視し、テーマパークやアート、四季など「感動」を軸とした体験を旅行に求めているようです。

たしかに「女性は現実的」とはよく言われます。女性からすると、見つかりもしない自分探しに出かける暇があれば、「現実は現実として、旅行の時くらいは羽根を伸ばしたいわ~」という気持ちが強いのかもしれません。

※1 ソース: 若者の旅行傾向に男女で大きな違いが判明–“向上心”の男性に対し女性は……

■男女の違い(準備~旅行編)

IMG_9814

ただし、旅行準備については、男性の方が現実的です。

女性は「何着て行こうかな」「どこでご飯食べようかな」「夕焼け綺麗だといいなあ」と旅行先でのことを想像して楽しみます。しかし男性は、「飛行機はどこのサイトで予約しよう」「旅行鞄の整理しなきゃな」「どのルートが効率いいかな」と現実的な算段が始まります。

おそらくこの違いは、女性にとって旅行は「非現実」、男性にとっては旅行は「現実の延長」という大前提があるからなのでしょうね。ですから、女性は旅に癒しを求め、男性は旅に自分磨きを求めるのです。

また、女性は想像が膨らむあまり「あれもこれも持って行こう」となるのに対し、男性は「足りなければ現地で買えばいいか」と、現実的なのか、事前の予想ができないのか……。

もちろん、個人差はありますけどね。

実際に旅行に行っても、男性は「どの交通機関に乗るか」「いくらかかるか」という、確実に計画に組み込まなければいけない具体的な想像は事前にできます。「お腹が空いたらどこで何を食べよう」といった、まだ起こっていない空想的な想像は女性の方が得意なようです。

■カップルにおすすめの旅行

以上は男女それぞれの旅行の傾向ですが、これが、恋人同士の旅行となると、少し違ってきます。というのも、カップルの場合、男性の旅の目的は「女性の希望を叶えるため」ということを重視し始めるのです。

そのため、「ここに行きたいな」という彼女の目的のために、「チケットを予約して」「いくらくらいのホテルに泊まって」と考えます。しかし悲しいかな、彼の想像の中だけで「こうした方がきっと彼女は喜んでくれるだろう」と勝手に想像しがちなのも事実です。

そうなると、彼女側はイライラ……。彼なりに一生懸命考えているつもりでも、「全然計画立てられないんだから!」「私の意見を無視してる!」と怒りそうになります。でも、不機嫌な感情はぐっとこらえて!なぜなら彼の行動は、すべて彼女に喜んでもらうためだからです。

 

それぞれの思惑が交差する、カップルでの旅行。気持ち良く過ごすためには、同行者に対して感謝の気持ちを示しましょう。不満がある場合は、「ありがとう!嬉しい!でも、これもできるともっと嬉しいな」と褒める中にさりげなく自分の要望を伝えるテクが必須です!

男性には「終わりよければすべて良し」の傾向もありますから、最後に「一緒に来られて良かった!」と笑顔を向ければ、機嫌がよくなり、こっそり次の旅行のために貯金なんて考えてくれるかもしれませんよ!

momoko

フリーライターです。チョコレートが好きです。


あなたが好きかもしれない他の記事